シャボン玉とんだ  または P と Bのはなし

なんかずっと前から書く、書くと言っていたのですが、忘れていた記事です。


今回は P と  の発音について。 発音本などでは、口を結んで 息をせきとめそれから一気に吐き出す、とか、「唇ではさんだゴマを思い切り吹き飛ばすように」 とか書いてあることがありますよね。


一気に息を破裂させるように出すので 『破裂音』 と呼ばれる音です。


が…


ダーッと話してるときに、そんなことやってられます? わたしがトロイだけなのかもしれませんが、そんな力強くやってると遅れちゃうんですよね…。試しにシャドーイングとかで、ネイティブスピードでやってみると、そんなことやってると破裂音のたびにどんどん周回遅れになってしまう。


という速度の問題もそうなのですが、それ以上に問題なのが、これをやると


日本語の『ぱぴぷぺぽ』 『ばびぶべぼ』 みたいに、母音が乗ってきちゃうんですよね。私だけ? 母子分離がさらに難しくなる。余計な母音がPとBの後ろについてる、とか言われるんですよ。これは何も破裂音に限ったことではないんですけど。


そんなことを思ってるうちに、もしかして逆なんじゃないかなーと思い始めたのが数か月前です。破裂音は思い切り息を破裂させるんじゃなくて、むしろそっと、シャボン玉を吹くときのように息の量ををコントロールしながら出した方がいいのではないか、ということです。


最初にシャボン玉を吹いてから、次の母音を乗せていくということです。

People ・・・ シャボン玉を拭いてから(息 息 息) → ぃい → またシャボン玉 → L (語尾なので 『おー』みたいな音になる L のパターン)

Book… シャボン玉(息 息 息) → oo ( 喉開けターザンの音) → 母音の O の口のまま K の音


相変わらず回りくどい! 伝えたいことは 息の量がかなりコントロールされる必要があって、それにより子音だけの音にしやすい、ということです。 間違ってるかもしれないけど、ネイティブからも、携帯の音声認識でも正しく認識されるので今のところこの方法に慣れようかと思っているところ。


あと、このシャボン玉方式にすることにより何が起こるかというと、破裂音の前は息をコントロールしようとするために、自然と若干『間』が生まれるというか会話の速度が緩まるのです。その前だけかすかに。


色々と方法やご意見があるかと思います。思いっきり息を破裂させる方法でもばっちりネイティブのようにお話しできる方もいらっしゃると思います。 もし「シャボン玉」方式がよさそうだとお感じになられた方がいらっしゃいましたら取り入れてみてください。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック