オリンピックムード… 

更新頻度が上がらず、とりあえずのジムとリスニングの日々です。世間はオリンピックで盛り上がっていますね。わが家はテレビを1年ほど前に処分してしまったので、ついていけていません。


色んな媒体でオリンピックが特集されています。スノーボードハーフパイプで再度金メダルに輝いたショーンホワイトさンのインタビューをUSA Todayで見ました。

>>こちらがその動画




人となりが伝わってくる、良いインタビューだなと思いました。声もテンポも心地よい話し方で、ショーンさんが話している素材をもう少し見てみたいと思いました。(イーストコーストの方がひっかかりやすかったのですが、久々に西の英語にひっかかりました)


その他、まだまとまった時間が取れず細切れの英語勉強…ともいえないほどですが、何か気になったことあれば上げますね。


"The Complacent Class"-by Taylor Cowen 読んでいますが、面白いですね。考えさせられます。さいきんはポッドキャスト聴いていても、引き込まれるエピソードが少なく、自分の感性が少し鈍っているのかなーとも思っています。


This American Life #550 3miles はその中でも印象に残りました。春以降、むさぼるように本や雑誌、新聞、ラジオ浴びるようにインプットしていきたいと思っています。ここ2年間かなり英語は我慢して社会活動に励んできたので、暖かくなったら少しずつ解禁していきたいと心から願っています。


まずは映画、This Is Me を観に行きたいです。


あ、そういえば、Amazonでたまに、ドラマ Mentalist を見るのですが、シーズン2のエピソード17 "The Red Box"の中で、こんな場面がありニヤッとしました。

JaneとLisbonをつけてきた男を呼び止めて、会話するところです。男がセールスマンだと言い訳しようとすると…


男: Following you? Shoot, I thought California was friendly. I'm just trying to make a sale here... life insurance. Cute young couple like yourselves, now you've gotta think about the future, right? You got kids yet?


Jane: That's a terrible accent. Disguised British, yes? You gotta work on your glottal stop.

Lisbon: His what?

Jane: His glottal stop.


男の人の話し方がもろイギリス英語(Glottal stop かかりまくり英語)なんですよね。そこを即座に指摘するJane。個人的にツボでした。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック