ディクテーション

昨日は寝る前に天満さんが紹介されていたスピーチのディクテーションを
やりました。(まだ途中) 後で聞き落した音、間違って書き取った箇所など
確認してみます。

ディクテーションやっていたらまたやる気がアップしてきました。単に
内容に感化されただけ?(笑)


ちなみにその動画はこちら




ところで赤本(『K/H』)ですが、まだ!!まだ9個以下になっていません。(泣)
最後のパラグラフで苦戦。あと少し。あと1個です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

miu
2011年09月29日 12:30
私は大学は語学で有名なところだったので受験までは一生懸命英語を勉強した方ですが、専攻が他言語だったこともあり、しばらく英語から離れ、仕事で必要性に迫られ、NCCという英語学校に通って再勉強した口ですが、赤本K/Hの存在、初めて知りました。
早速購入したので一通りやってみようと思います。
まだ序章しか読んでいないのですが、ミスが9個以下とか、途中に書いてあるのですか?
ヨッシー
2011年09月30日 10:05
miuさんコメントありがとうございます。『K/H』チャレンジされるのですね。頑張って下さい!!ミスが9個以下云々は95~97ページに記載があります。他にもあるかも。私はまったくやらなかった数年も挟むと、なんと9個以下になるのに足かけ5年もかかりました。後でブログ更新しますが、昨日ついに達成しました!ってこの後やまと言葉落とし、などの意味の体得作業が続きますが…

もしかして同じ大学だったかもですね(笑)鬼のイスパ、地獄のロシア、とかですか???私は多言語どころか哲学専攻してしまい…。なぜ英語にしなかったんだろうと不思議です。

ETCマンツーマン英会話
2011年11月07日 14:16
はじめまして。
仕事でディクテーションが必要となり、日々音声ファイルと格闘しています。時間もかかり集中力が必要で疲れるため、最初は敬遠していたのですが、継続していると英語力がつきますね。映画の台詞のディクテーションは楽しいですね。トランスクリプトがあれば添削も可能なんですね。

この記事へのトラックバック