母子音分離 と 裏拍(英語リズム) の練習 【追記あり:5/30 音声追加しました】

前回のエントリーにお問い合わせ頂きました具体的な練習方法について、もうすこし詳しく書きたいと思います。お役にたてばいいのですが…。


ではさっそく。


まずご参考にこちらの動画をご覧ください。


(Teaching Reading)(Phonics Lessons)(Sounding Out Words)




こちらの動画はネイティブの子どもにアルファベットの単語の読み方を、Phonicsを使いながら教えるというもののようです。ご存知の通り、アルファベットにはそれぞれ『音』があります。この動画では、初めてReadingを覚える子ども、その綴りを初めて出会う子どもがひとりで読めるようにするためのステップがレクチャーされています。


P

A

T

それぞれのPhonicsの音を発声させ、少しずつレターカードの距離を近づけ、なめらかにその単語が発音できるように促しています。



で、なんでこの動画を貼ったかというと、わたしたち日本人(のおとな)の場合は、これと逆の練習をする必要があるということを伝えたかったためです。長いこと日本語の発声に慣れていると、


パット

が当たり前になってしまっていて、PA は  と1文字なんですよね。でもそれで話すと、いつまでも裏拍(英語のリズム)に乗れません。英語のリズムにのせて話すには、PAT の "A" だけに拍を置かなければならないので、非常にTight Together になった日本語の『パ』をいくら強く発声しようが、リズムをつけようが

「日本人訛り」

だね、とか

「Run together」

だね、とか

「早すぎる」

とか

「もっと歌うように話してみたら?」


とか言われます。(←実際言われた人)


なので、裏拍と母子音分離は表裏一体というか、母子音が分離できてそれぞれきちんと作れないと、いつまでたっても英語リズムに乗れません。わたしもまだまだ…なのですが、そのための練習法を前回のエントリーでも書きましたので、そちらも合わせてご覧いただけるといいかなと思います。


動画の先生は 『A E I O U』 の順番にしていますが、『えあいおう』 でもなんでもいいです。とにかく『あいうえお』じゃない方がいいと思います。50音の順番だと、頭が日本語にひきずられやすくなると思うので、別の順番に変えた方がいいかも、というのが個人的な感想です。でもお好きな順番でもちろん大丈夫。


------------

【以下追記 5/31音声追加】





みなさんに朗報でございます。なんとKazyさんがついにYoutube チャンネルを開始されました!!そして、なんといきなりトピックがビート!!ということでぜひチェックなさってくださ~い。


Kazy さんの Youtube Channel は こちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ごろぞう
2013年05月27日 15:52
こんにちは
いつも勉強させていただいております。

裏拍についての記事非常に興味があります。
いつも自分の発音を聞くたび吐きそうになるので(笑)
早く上手くなりたいです。

いつも参考になる情報本当にありがとうございます。
Yossy
2013年05月27日 15:57
>ごろぞうさん
コメントありがとうございます! ううー分かる、わかります。吐きそうになる、その気持ち。わたしも自分の音声を聴くのがもっとも苦痛な瞬間です。早く上手になりたいですよね。いっしょにがんばりましょう!!

この記事、もう少し追加、補完いたしますので、今しばらくお待ち下さーい。
長崎の雨
2013年05月27日 21:17
僕は聴こえ方の面でもう一つ、何かが不足していると思っているのでそのヒントにならないかなと思ってます。次のアップ楽しみに待っております。
Kazy
2013年05月28日 22:03
動画紹介ありがとう!実はnativeの発声の秘密も段々と解明できてます。これはちかじかYou tubeで紹介したいと思ってます。僕自体英語も全然だめなので、このyoutubeの動画を通してブレイクスルーしたいな~って意味もあります。今後もよろしく!
Yossy
2013年05月28日 23:23
>長崎の雨さん

わたしからすると神の領域の長崎の雨さんでもまだ足らない点をお探しなのですね。さすがです…。母子音分離の練習音声がなかなか録れずお待たせしてしまい申し訳ありません。洋楽がかなり拍を刻み込むのに役立つような気が(今更ですが)しております。そちらにも触れたいと思っています。
Yossy
2013年05月28日 23:25
>Kazyさん

こちらこそ動画のシェアありがとうございます。お忙しい中で作成され、また公開して下さること、頭が下がります。なぜかいつも(半歩遅れて)似たような発見をさせて頂くのですが、すでにまとめられていらっしゃるので非常に参考になっています!これからも楽しみにしていますね☆
あきお
2013年06月26日 22:10
kazy 氏の動画はおもしろいです。研究が素晴らしい。

この記事へのトラックバック