2種類の 『R』

さいきんKazyさんがシェアして下さっている発見。みなさんすでにご覧になりましたか? このたくさんのビデオ、いずれも大変タメになるのですが、今回はその中の『R』についての発見に注目したいと思います。



これを拝見した折、目からウロコというか、雷に打たれたような衝撃がありました。なるほど!と。言われてみればたしかにそうだけれど、なんで今まで気が付かなかったんだろう、と。この単純な法則、まず誰かが気が付くまでが大変。それを惜しげもなくシェアして下さって本当にありがたいです。



どういうことかという、R の音には2種類あるのではないかってことです。L にも3種類あるように、Rにも2種類あった…。



① ひとつ目は今まで日本人がさんざん習ってきた、こもる音の 『R』 

舌を巻けとか、なんかいろいろ方法はあると思うのですが、どちらかというと口腔内で調音するあのこもるRです。ちなみに私は舌を巻いてはいません。舌の奥を持ち上げて、上の奥歯に接するような感じにしています。この音のポイントは、vocal fryが鳴らなくてもいいってことです。

person とかこっちの音になると思います。というか、こっちがRの音の基本ラインじゃないかと最近思っています。つまりRの後ろに来る音がシュワじゃない場合、あの、咳払いするような声門閉鎖を行うシュワじゃない場合、すべてこっちでいいような気がします。


② ふたつ目はvocal fryが鳴る、深い位置から犬が唸るような音を響かせる 『R』

わたしはすべてこっちで出していました。2種類のRという気付きを頂くまで。 だから、ネイティブから『RR』と2重になってる所があるとかフィードバックを頂いていたんだなと今なら納得。

こっちは①とは逆で、Rの後ろがシュワになったときにその声門閉鎖に引きずられるような形で位置が深くなり、というかその方が楽だから、Rの音も深くなるのだと思います。

rip, red とかが例になりますでしょうか。


-----------------------

このちがいを検証しようとしていますが、割合とアメリカ人では個人差があって、必ずしもいつもシュワが来ないからと言ってこもるRにならないパターンもある気がします。中間みたいな深さで出す人もいる。イギリス人は割とはっきり区別されているかもしれません。まだサンプルが少ないですけど。


で、これ、素材が男性だと非常に分かりづらいです。男性の場合、常にvocal fry鳴りっぱなしだったり、鳴りやすかったりするのでその音が浅くても区別がしずらいんです。でも、女性だとはっきり分かります。違いが。女性のRはこもるRがかなり特徴的に感じて頂けるはず。このこもる『R』も英語らしく聞こえるための結構重要なファクターじゃないかと最近思っていて、これらを使い分けていこうと考えています。





たとえばこちらの動画の01:35辺りで言うと、relationship では最初のRが深い(便宜上そういいます)位置で調音されているのに対し、the first point のRはこもるR、口腔内で調音されるRになっているように感じるのです。


Slates の Emily Bazelon なんかも、このちがいを感じやすいタイプの女性だと思います。




そしてもう一つこのこもるRを使うことで起こる変化があって、それはスピードが落ちないってことです。口腔内のRだと軽く、さっと調音できるため、流れるように音をつなげます。そこでスピードが落ちません。まるで軽やかに踊るように次にいける。反対に唸るRだと下げるため、ほんの少し負荷がかかり速度がかすかに落ちるように個人的に感じます。

この違いもほんとうに微かではありあがら、リズムに影響を与えるように感じます。また口腔内のRは音がすこし高くなる。その音程のちがいもやはりちがいを生むように感じます。


そんなことないよ!それはでたらめだ!とお感じになる方もいるかもしれません。何しろ専門家ではないので、もしちがうなとお感じになるようであれば無視なさって下さいね。ひとまずわたしはこの方向で練習していこうと思っています。


そうそう、前回の記事をブライアンに聴いてもらい感想を頂くことができました。


Brian: your speaking is getting better
Brian: accent is improving
Brian: that is what i have noticed most recently
Brian: accent and rythm are improving

Yossy: oh really?
Yossy: yayy

Brian: i would keep working on accent
Brian: that seems to be your weakest link
Brian: but its got much better recently



とのことです。アクセントとリズムはよくなっているとのこと。まだまだ練習が必要だけどかなりよくはなってる。こんなフィードバックをブライアンから聞く日がくるとは…(涙) ハンプティダンプティで涙流して大笑いされた日には思いもよらなかったよ…


ということで 『お前のブログでこの文章を公開してくれ』 と頼まれたので、ブライアン作の日本語を記して終わりにしたいと思います。


サクランボウすら買う余裕がなくクビになったばかりの貧乏人は金持ちに雇われて汚いマグロ漁船で働きゃいけなかったってよ


ははは。相変わらずです。完璧な文法で、ネイティブが首をかしげるような内容の文章を作るのが彼のスタイル。でもすごいところは無意味にこういうことをしているわけではなくて、変てこな内容を盛り込むことで記憶への定着をあげているそうです。そして自分でその助詞や、接続詞、接尾辞、口語で省略されるパターンなどひとつひとつ自分でパターン掴んでいっている。日本語ネイティブよりずっとロジカルにその助詞の使い分けなどを説明できます。すごいです。何か国語も学習しているだけに、語学への取り組み方にいつも刺激を頂いています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Kazy
2013年07月08日 22:11
確かにYOSSHIの言うとおり男性の場合はわかりにくいかもしれない。早く喋れるでしょう?スピードもリズムを作る上で重要な要素なんだ!デボンに録音してもらったのを先駆けてスカイプに送っておきます。彼には事前になにも注文を付けずに普通に読んでもらった。birdも浅いでしょ?こんなもんでいいんだ。でもリズムは完全に裏でとってるでしょ?vocal fry基調の音に浅いrが乗ってるのがわかると思う。出だしも日本語のラ行でいくと音がうまく出ると思う。
Yossy
2013年07月09日 07:44
ありがとうございます!早速聴かせて頂きました。Reachなどは本当に軽いですね、浅い。Readになると途中まで浅くて、Dの手前で引きずられてvocal fryが鳴り始めていますね。いかにもアメリカ英語で、前回のイギリス英語と気持ち良いくらい雰囲気がちがうのがまたいいです。

この記事へのトラックバック