1日ひとつだけ強くなれるアプリ、ELSA

連日の更新で失礼します

前回紹介したアプリ、ELSAを使い始めて3日目。
とても良いです。  90%から95%以上取るのはモノによっては難しく何回も何回も練習。簡単な単語や文章を何度も発音練習することってあります?中上級者はなかなかそういった機会ないですよね。 友だちもそこまで注意してくれませんし、先生だって何十回もつきあって細かなポイント教えてる時間もないと思います。対人間だと通じちゃいますし…。その辺をシビアに判定してくれるの、機械ならではのありがたさです。



一番良いと思うのは、今まで自分でも気づいていなかった弱点がわかることです。


例えば 、TH の練習のパートで TH が90%以上にならないことが多く、何度も色々と試しました。
THは中学1年の頃から、舌のポジションについては意識して叩き込んできたので、子音の中でも特に自分自身問題を感じてこなかった音です。できていると思い込んでいた…この怖さ。(会話だと通じるので、多少あってなくても見過ごされがちですよね)


エルサの認識でダメ出しが出て初めて見直しました。なかなかクリアできず、原因を探り格闘すること10分。


舌のポジションについては絶対の自信があったので、 まずは"TH"の前後の母音を出す時の声帯の位置をもう一度確認しました。そして声帯の開閉(上下と表現すべきか)をもういちど正確にしつつ発音。

でもダメ。

試行錯誤を重ねるうちに、もしかして息の量なのではないかとハタと思い当たりました。


以前こちらのブログに書いた B や P の破裂音を出す時のパターンです。 このブログではそのやり方を「シャボン玉を出す時の息」と書きました。(>>その時のP/Bの記事はこちら



つまり、シャボン玉を割らないようなコントロールした息の量で出す子音



早速 TH を出すときにコントロールした丁寧な息の出し方を使ってみます。


大当たり!


認識いきなり95%超えてきました。その後のパートも同じやり方ですべて90%以上キープ。なるほど、息の出す勢いが強すぎたのが原因。



こうやってひとつ一つ自分の弱点が潰されていくのがとても面白いです。



梅原大吾さんのモットー、 「1日ひとつだけ強くなる」、まさにそれを実践できるアプリです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック